園の案内

園長挨拶

1953年(昭和28年)7月、庭に咲くたくさんのつつじの花を園名にして、幼稚園を設立しました。

設立以来、子どもたちを真ん中におき、子どもたちの気持ちに寄り添い、アットホームな中にもけじめのある、愛情溢れる保育を実践しています。

幼稚園は、文部科学省管轄の教育の場です。歌や製作・描画、運動を始め、言葉遊びや、劇遊び、生活に身近な知識や気付き、五感を使った自然観察など、子どもたちの想像力や創造力、探求心を育んでいます。そして、集団生活をとおして、友だち同士互いに学び合い、励まし合い、刺激し合うことで、自主性、協調性、思いやりの心などが育ちます。

アゼィリア幼稚園では、保護者の方との対話を大切にしています。保護者の方と職員が毎日顔を合わせ、直接お話しすることで、子どもの気持ちや様子を分かち合い、信頼し合える関係を築けるよう努めています。

お子さんの3年後を、どうぞ楽しみにしていてください。心も体も健やかに、そして、子どもらしさを残しつつ、成長していく姿を実感していただけることと思います。

教育方針

  • 元気でいきいきとした子
  • 考え創造力豊かな子
  • 道徳心と思いやりのある子

子どもらしさを残しつつ、社会の一員としての基礎作りを目標としています

指導の柱

  • 全ての子どもたちに全ての職員が関わり、子どもたちの様子を見守っています 。
  • 一日に一回は園庭に出て、思い切り身体を動かす時間を設けています。
  • 自ら考え、行動できるようなシチュエーションを設定しています。
  • 集団指導の場で必要な「話を聞く」態度を養います。
  • みんなの前で発表・発言する機会を日々設けています。
  • 友だち同士の関わりの中で、様々な考え方に触れたり、相手の気持ちを汲み取ったりして、心が成長できるように促します。

コロナ対策

  • 登降園…密集にならないよう学年ごとに時差を設けています。
  • 毎朝の体温や体調を確認しています。
  • 園内はマスク着用を原則としています。暑い日の園庭では、希望者はフェイスシールドを着用しています。
  • 手洗い、手指消毒を徹底しています。
  • 感染リスクを避けるため、保護者の方の園内立ち入りを制限しています。
  • 常時換気をし、エアコン使用時は空気清浄機も使用しています。
  • 3密を回避するように使用場所の割振りをしています。